無保険車傷害保険のメリット・デメリット

自動車を運転している人の大半は自動車保険に加入している人です。しかし中には自賠責保険しか加入していない無保険車が道路を走行していることがあります。もしこのような無保険車が加害者の事故に巻き込まれてしまうと、自賠責保険の保障しか受けられなくなり十分な賠償が受けられない可能性があります。

 
このような時のために、相手から補償が受けられないのであれば、自分で賄うという自動車保険があります。無保険車傷害保険と呼ばれる保険がそうです。無保険車の他にも酒酔い運転をしていたなどにより免責事項で保険に加入していても賠償金が下りないようなケースでも利用できる保険です。

 
この保険をつけることによって、確かに余計に保険料を支払わないといけないというデメリットは生じます。しかしいざというときのために加入しておいた方がメリットのある保険です。無保険車かどうかは別にしるしがついているわけではないので、いつ事故に巻き込まれるか予想できません。

 
現在任意の自動車保険に加入していない状態で、街中を走行している自動車は全体の15%に上るといわれています。このようなデータに基づくと、先ほど紹介した免責事項のケースまで含めて考えれば、十分無保険車の事故の被害に巻き込まれる可能性はあるわけです。

コメントは受け付けていません。