免責金額と保険料の関係について

自動車保険の保険料を少しでも安くしたいと思っているのであれば、車両保険の見直しをしてみることです。自動車保険には様々な保障内容が含まれていますが、料金で見た場合最も大きなウエイトを占めているのが車両保険といわれています。車両保険で少しでも料金の安くできる項目が見つかれば、大きな節約効果が期待できます。}PgžxQ

 
では車両保険のどこで料金の節約をすればいいのかですが、免責金額を活用してみることです。免責とは一定の金額までであれば、保険金が下りないという条項をさします。免責10万円ということになれば、事故を起こして修理代が10万円以下で済んだ場合、保険は一切おりません。

 
同じく免責10万円で事故を起こし、20万円の修理代がかかった場合、20万円から10万円を差し引いた10万円だけが保険金として下りることになります。この免責を大きく設定すれば、それだけ料金は割引になります。

 
しかし料金を安くしようと思って免責を引き上げて、結局事故を起こした場合にほとんど使い物にならないのであれば車両保険に加入している意味がありません。そこでどの程度の修理代であれば、自己負担が可能かを考えてみることです。自分の状況に合わせて、節約できる範囲で免責を決めていくべきです。

コメントは受け付けていません。