事故を引き起こしてしまった時のために!自損事故保険

自動車事故と聞くと、相手がいるケースを想像しがちです。車を運転中に、走行している車と接触・衝突して事故になるケースです。しかし実際多いのは、自損事故と呼ばれている事故なのです。

 
自損事故というのは、自分の過失による単独事故のことを意味しています。相手側は存在せず、被害は自分と同乗者、そしてマイカーのみというケースになります。この場合に活躍するのが自損事故保険というものです。

 
この保険は相手がいない事故が生じた場合に、支払われない対人賠償保険の代わりに使えるものです。ただし、対人賠償とは内容が異なるため、補償される保険金額は上限が定まっているので注意してください。この保険は契約に自動付帯している場合がほとんどで、補償金額を変更することができないという特徴があるのです。

 
ちなみにこの保険を使った場合、翌年は3等級ダウンとなります。保険料が大幅に上がるため、保険金請求の際は慎重に考える必要があります。

 
保険金額を参考までに紹介しておきます。死亡時は1500万円、後遺障害保険金は症状に応じて50万円~2000万円です。介護費用保険金は200万円~350万円、医療保険金は入院1日で6000円、通院した場合は4000円と設定されています。

コメントは受け付けていません。