無保険車傷害保険の保険金が払われる場合について

無保険車傷害保険は相手が無保険で十分な補償を受けられない場合に、その不足分を補償してくれるものです。自動車を購入すると自賠責保険に加入しますが、自賠責保険のみでは万一のときに備えられないため、多くの人が任意保険に加入しています。しかし任意保険に加入しておらず、補償を行う資力がない人と事故を起こしてしまう可能性もあります。
そういった場合、自分が加入している保険にこの保険が付いていれば、そこから補償を受けられます。基本的には相手の自賠責保険から最優先で補償され、それでも足りない場合にこの保険から補償を受けます。
相手が自賠責保険にも加入しておらず、補償できるだけのお金がない場合、政府が治療や生活に必要なお金を補填してくれます。ただ保険の手続きには時効があるため、もし実際にお金を受け取るまでには時間がかかるならば、まず時効中断の手続きを行う必要があります。

 

家族02
この保険金を受け取るためには条件があり、法律上相手が賠償責任を負う場合でなければなりません。100パーセント自分の過失で事故を起こし、相手に損害賠償責任がないときには保険金を受け取れません。この条件を満たしているならば、自分の怪我の治療費や後遺症によって被った損害、それによって家族が受ける損害にも保険金が支払われます。

コメントは受け付けていません。