自損事故保険と無保険車傷害保険

自動車保険の補償の中でも運転者自身や搭乗者を守るための補償の一つが自損事故保険です。どのような時にこの保険が適用されるのかをご説明します。

家族01
まず、自損事故という名のとおり、ハンドル操作を誤りガードレールに衝突してしまった等の単独事故により、運転者本人が傷害を負った、あるいは死亡した時に適用されます。
また、車同士であっても停車している車に追突してしまった、あるいはセンターラインをオーバーして対向車と衝突してしまった等の、相手に一切過失がない事故により運転者本人が怪我をしたり、亡くなった場合に適用されます。
どちらのケースも運転者本人に対しては、相手の任意保険の対人賠償による補償、自賠責保険による補償がないため、この保険が重要となってくるのです。
もう一つは無保険車傷害保険です。この保険は、任意保険を付帯していない他車つまり無保険車との間で事故が起こり、搭乗者が死亡、もしくは後遺障害を負った場合に支払われる補償です。
このような事故の場合、相手の自賠責保険の補償範囲内でしか補償を受けることができません。
当然これでは最低限の補償しか受けられないため、後遺障害の場合、十分に病院に通うことも難しくなります。このようなときに自身の対人賠償保険の範囲内で賠償額の不足分を補ってくれるのがこの保険です。